経営者・社長・経営者になりたい人のための役立つセミナー情報
経営者のためのセミナー情報

経営者のためのセミナー情報 > 計画停電対策・節電対策 > 停電になっても快適に仕事をするには

停電になっても快適に仕事をするには

電力利用料がピークになる夏・・・計画停電への備え

経営者として、夏の計画停電には備えておく必要があります。
震災後の東京電力の計画停電によって、鉄道の運行に支障が出たり、仕事の時間に職場の電気がつかなかったりと、仕事に大きな影響が出た経営者の方は多いと思います。

今は落ち着いているようですが、夏は電力消費のピークです。
大規模停電を起こさないための計画停電で、一時的に電気を止められることは十分に考えられます。

実際に、発電機はすでに売り切れが続出しています。

もし電気が止まってしまったら・・・

経営者として、なるべく支障が出ないように少しでも備えておく必要があります。

では、どのようなものが必要になり、どのような対策ができるでしょうか?

どのような備えができるか?

まず経営者としては、最低限の業務はこなせるよう、停電でもパソコンが動く状況、そして停電でもインターネットが使える状況を確保しておく必要があります。

そして、電気が止まってもできる業務をリストアップしておくことです。

さらに、電気が止まってもできる業務がいくらあっても、真夏の猛暑の中、冷房もきかないところで暑さに耐えながら従業員を働かせるというのは作業効率が悪くなります。健康面にも問題が出かねません。

そこで、暑さ対策は重要になってきます。

 

計画停電に備える対策