経営者・社長・経営者になりたい人のための役立つセミナー情報
経営者のためのセミナー情報

経営者のためのセミナー情報 > 計画停電対策・節電対策 > 停電になっても快適に仕事をするには > 電話も使えない場合があります

パソコンだけでなく、電話も使えない場合があります

特に企業の場合、ビジネスフォン(内線通話ができたり、外線ボタンがたくさんある電話機)を使っていることが多いと思います。
その場合は電気を使っているため、停電用アダプタをオプションで付属させていなければ停電時は使えなくなる可能性が高くなります。

また、IP電話はインターネットが使えなければ通話ができません。(停電でルーターが止まればインターネットはできなくなります)

ひかり電話は、光回線終端装置に電気を使うため、停電時は使えなくなります。

また、最近の電話機は家庭用電話機でも電源を使っているものがほとんどなので、使えなくなる可能性が高いです。 コンセントを外して使えるか試してみて下さい。

お客様からの電話を受けるために

携帯電話をフルに充電しておけば、こちらからかけることはできますが、お客様からの電話を受けることができないのは困りますよね。

そこで、1回線だけでも受けられる回線と、電源が不要な電話機を用意しておくといいかもしれませんね。
昔の黒電話のように、電話線につなぐだけで使える電話機があれば、停電でも電話をかけたり受けたりすることができます。

停電時に使えない電話

電話回線を確保し、停電でもパソコンが使える環境停電でもインターネットが使える環境が揃っていれば、「何もできない」ということはまずありません。

 

計画停電に備える対策