経営者・社長・経営者になりたい人のための役立つセミナー情報
経営者のためのセミナー情報

経営者のためのセミナー情報 > 計画停電対策・節電対策 > 停電になっても快適に仕事をするには > 停電でも使えるインターネット環境とは

停電でも使えるインターネット環境とは

経営者として、なるべく支障が出ないように少しでも備えておく必要があります。
パソコンが使えるのはもちろん、インターネットも使えなければ仕事にならないという場合も多いと思います。

では、停電時でもインターネットが使えるようにするには、どのような対策ができるでしょうか?

まず、最低限の業務はこなせるよう、パソコンが動く状況を確保しておく必要があります。
パソコンが動く状況は確保できたという前提で、インターネットを使う環境の作り方をお話していきます。

停電時でも使える無線LAN、使えない社内LAN

社内のLANやWifiは、停電になるとルーターの電源も落ちてしまいますので使えません。
3GによるモバイルWiFiなら停電時でもネット接続が可能です。

イーモバイルのPocket WiFi

無線LANの代表なものは、イーモバイルの「Pocket WiFi」。21メガの高速版もあり契約時にはノートPCが100円で購入可能 です。(※左記サイトより希望のノートPCを選択して申し込めばPocket Wifiの契約と同時に100円でノートPCの購入が可能です)。

また、パソコンが苦手で上記サイトはわからないという方は、こちらのサイト がわかりやすくておすすめです。(同じPocket Wifiの代理店をしている別の会社です。選べるPCの種類は少ないですが、わかりやすさ重視で作られています)。
UQWIMAXもモバイルWiFiですが、今回の計画停電で一時サービス停止などが発表されていますので、 「Pocket WiFi」の方が安心でしょう。

「Pocket WiFi」ならフル充電しておけば約4時間使えて、月額料金も固定なのでデータ量を気にせず安心して使えます。
停電中の時間の穴埋めをするのにはもってこいです。

このように、ノートパソコンと無線LANの環境を整えておけば、停電でも最低限の仕事ができる環境を作ることができます。

参考リンク:
Pocket WiFi
UQWIMAX

計画停電に備える対策